私の本棚♪
私の本棚(Amazonストア)
アレルギー・アトピーにやさしい食品(Amazonストア)



2010年12月27日

【息子】ちくわの負荷

確か秋頃、生協で購入した生食用ちくわ(マルハニチロ:魚肉(たら、れんこだい)、砂糖、大豆たん白、発酵調味料、食塩、米油、魚介エキス、ぶどう糖、加工でん粉)4本全部をスライスにして、味噌汁の具材にし(さすがに大量過ぎた)、その汁を飲ませて症状が出なかったので、給食でちくわやかまぼこ入りの献立が出たら、エキスOKで、そのものだけを取り除く軽い除去にしてもらいました。この状況で給食で問題はありませんでした。


秋から冬になり、ちくわやかまぼこが汁や麺類、サラダの具として入ることも増え、本格的に負荷をはじめることにしました。最近は息子は魚関連の負荷を渋り、負荷が停滞しているのですが、魚関連でも抗原性が低いとされるちくわとかまぼこのどちらにするか選んでもらいました。本人はちくわを週1程度で試すならOKとの希望でした。

18日と今日、1スライス(1.5mm程度の厚さ)を食べてみました。息子はあまり食べたくないので、噛んですぐに水で胃に押し流していますが、症状の方は大丈夫そうです。ちくわに使われる魚の種類はメーカーによって異なるので、食べられる量がもう少し増えたら、色々試してみたいと思います。ただ、ちくわは磯辺揚げとして出ることもあり、1回の量が多いと思うので、完全解除になるまでは、まだまだ時間がかかるように思います。

個人的には、かまぼこの方が献立に使われる量が少なくいと思うので、解除できるといいなと思ったので、あえて25日クリスマス献立にジングルベルかまぼこを準備し、サンタやツリーのかわいいイラストに魅かれて食べてくれるかなと思ったけど、強い意志で拒否され断念しました。魚関連の除去はまだまだ続きますが、入学して出汁の解除が進んだことで、私の気持ちもかなり楽になってきているので、これからも少しずつ前進できたらと思います。

posted by chika♪ at 23:00| 子どもの成長